Gorgon Wraith (プライマリ)


製作に必要なもの
クレジット
25000
バレル
1
レシーバー
1
ストック
1

時間:12h
即時:45pl
マーケット:  BP価格: ー

Gorgon Wraith

Gorogn Wraithは、Gorgonのアップグレード版で、ダメージ、精度、発射率を向上させているが、貫通と切断ダメージがわずかに減少している。

初期のころは「Tethraの命運」の報酬として提供され。その後、「感染体ナイトメア」のボーナスウィーク(2015年4月13日から17日まで)のときに、アラートのサバイバルミッションの報酬として提供された。

設計図と各パーツは、[Razorback Armada]のイベントのボスRazorbackを倒すと報酬としてもらえる。

長所
衝撃主体で対シールドに効果を発揮
マックス到達時の発射率が高い
マックス到達時のDPS値が高い
大マガジン
コンクレーブ専用Mod Gorgon Frenzyあり

短所
低貫通・低切断ダメージ
精度が低いので長距離用には向かない
弾薬効率が悪い
リロード速度が遅すぎる

Gorgon  と比較して
高い基礎ダメージ( vs. 25.0)
 ―物理構成(vs. 衝撃18.75,貫通 3.75, 切断2.5)
高状態異常率 (vs. 9%)
高い発射率(vs. 12.5発/秒)
リロード速度が速い (vs. 4.2秒)
巻くのが速い (10発 vs. 15発)
精度がいい (vs. 12)

Prisma Gorgon と比較して
高い基礎ダメージ(vs 23.1)
 ―物理構成(vs. 衝撃17.3,貫通 3.5, 切断2.3)
低クリティカル率 (vs. 30%)
低い発射率(vs. 14.17発/秒)
高状態異常率 (vs. 15%)
小マガジン (vs 120発)
最大所持弾薬が少ない (vs. 840発)
巻くのが遅い (10発 vs 12発)
精度が悪い (vs 14)


補足
・スプリントすると攻撃をやめるが、射撃ボタンを押し続けている限り、巻きを持続し、スプリントをやめると発射率を維持して攻撃を再開できる。(pc)
・弾薬の消費が激しいので、変換Modを入れたい
Speed Triggerを入れると巻きの時間を短縮できるが、弾薬効率が悪くなるので注意
Stabilizerでリコイルを抑える。
・Wraith版としては、Strun Wraithの次の2番目にGorgon Wraithリリースされた
・スキンあり

Conclave

Day of the Dead
Desert TacticsObsidian(PS4)



0 件のコメント :

コメントを投稿

アラートミッション最新情報