Ignis Wraith (プライマリ)


製作に必要なもの
クレジット
30,000
デトナイトインジェクター
5
フェライト
10,000
ルビドー
2
アルゴンクリスタル
3
時間:24h
即時:35pl
マーケット: 150pl BP価格: 15,000cr

ラボリサーチ
クレジット
5000
デトナイトアンプル
1000
合金板
4000
ルビドー
2,500
プラスチド
2,000
時間:72h
条件:
Ignis
シャドークラン3倍 ストームクラン10倍 マウンテンクラン30倍 ムーンクラン100倍

プライマリ Ignis Wraith
IgnisのWraith版。

Ignis Wraithは、イベント「平和主義者の脱出(The Pacifism Defect)」作戦の報酬としてゲットできた。また、各クラン規模の上位10%のスコアを獲得したクランには、DOJOでリサーチを行え、Ignis Wraithの設計図の製作できる権利を付与された。そのため、イベントに参加できなかったプレーヤーは、トレードで上位10%のクランに所属するプレーヤーからのみトレードで入手できる。

長所
火炎ダメージ(対感染体、クローン体)
状態異常率がかなりよい(毎秒29%)
複数の敵を同時に処理
所持弾薬が多い(800発)
ダメージ減退なし


短所
衝撃貫通切断の物理ダメージのModは効果なし
射程距離が20m
弾薬の消耗が激しい

Ignis と比較して
基礎ダメージが35.0 (vs. 33.0 )
高いクリティカル率(vs. 11%)
高クリティカルダメージ (vs. 2倍)
高い状態異常率 (vs. 27%)
マガジン量が多い (vs. 150発)
所持弾薬が800 (vs. 750)
必要マスタリランクが9 (vs. 5)


補足
・ズーム時の倍率は1.2倍。
Ignisと同様、当たり判定は1.火炎中心部分と2.ビーム末端の球状周囲の3m。1の直線は0.15mの広さがあり、ビームの末端は3mの広さを持つ。
・ステータス上のダメージは、この火炎のコア部分を指し、球状の周囲部分は0.5倍ダメージ。
・球状の範囲はFirestormを入れると範囲が広がる(最初の長方形上の煙には適用されない)。
・Ignis Wraithでヘッドショットや弱点狙いが可能。
・Ignis Wraithでボンバードのロケットを破壊できる。(火炎火炎と爆発爆発ダメージの場合のみで、他の属性Modを入れて属性が他のに変わると破壊できない。)
Heavy Caliberを入れるとコアがぶれるが、火炎放射器の特質上複数の敵を相手にする場合は、むしろ有利に働く。
Sinister Reachを入れると、射程距離が延び、25mから37mまで到達する。
・火炎放射器で発する最初の長方形上の煙は、100%の状態異常率でかつタップ操作することで何度でも異常を重複できる。
・センチネルShadeのGhost効果によりプレーヤーが透明化した場合、火炎放射器の引き金を引き続けて入れば、解除されない。(攻撃が可能)


0 件のコメント :

コメントを投稿

アラートミッション最新情報