Kestrel (ブーメラン/近接武器)

近接武器

Glaiveと同じブーメランだが、Glaiveと違って範囲内でヒットしたいかなる敵もノックダウンする。


製作
製作に必要なもの
クレジット 15,000モーフィクス
8
フェライト
4,800
ナノ胞子
5,000
サルベージ
4,000
時間:
12h
即時:
50pl
 マーケット:  150pl BP価格: 20,000cr


 長所
スラム攻撃で磁力磁気ダメージ
グラウンドフィニッシャーで切断異常の出血を保証
チャージ攻撃で投げられる
 ー敵をラグドール化
 ―Glaiveよりも飛行速度が速い
2つの極性付き
サイレント
通常攻撃の勢いで、よろめきなどを防げる
セカンダリ武器と同時に利用可能

短所
低基礎ダメージ
飛行中は、近接攻撃ができない
低クリティカル率
真下に狙った場合のみ、セカンダリ武器と同時使用時スラムが可能


補足
・U21でクリ率/倍数、ダメージが上方修正される。
・チャネリングダメージは通常の1.5倍
・ブロック時のダメージカット率は35%
・増強Mod(Entropy Flight)の存在で、どのブーメランよりもはやい飛行速度を実現
・近接装備で投げてから、チャネリングで爆発させると、範囲ダメージと同時にすぐに戻ってくる。
Life Strikeのヘルス回復に役立つ
―装備せずに投げても爆発可能だが、爆発のコントロールが不可能
―武器を投げた後でも、フィニッシャー攻撃は可能
・グラウンドフィニッシャーの出血ダメージは、グラウンドフィニッシャーダメージ(30×400%=Modなし120)をもとに計算される。そのため、グラウンドフィニッシャーに影響するチャネリングやFinising TouchのModでダメージを上げられる。
Whirlwindで弾速のみならず飛距離(62m)ものびる。
・ラグドール化した敵のHPゲージが見えない=無敵と言う意味ではない。攻撃可能
・2バウンドした後に、所有者の周りをぐるぐる回転することがある。(ReboundWhirlwindを装着しているときに起きる模様)
―単にEntropy Flightでも、この事象は発生する模様。近くの敵は大ダメージを受ける。
・高速飛行で武器が消えるバグが存在する。この場合、所有者が一端復活する必要がある。
・戻ってくるときに、軌道上にいる敵に何体でもヒット
・スキン(Proto-Glaive)
Proto-Glaive


0 件のコメント :

コメントを投稿

アラートミッション最新情報