Torid (プライマリ)


製作に必要なもの
クレジット
30,000
ミュータジェンマス
2
サルベージ
4,500
回路基板
600
フォーマ
1
時間:24h
即時:35pl
マーケット: 150pl BP価格: 15,000cr

バイオラボリサーチ
クレジット
5,000
ミュータジェンサンプル
10
回路基板
200
ナノ胞子
750
ポリマーバンドル
400
時間:72h
条件:
ミュータジェンマス
シャドークラン3倍 ストームクラン10倍 マウンテンクラン30倍 ムーンクラン100倍

Torid

プライマリOgrisの感染バージョン。気体状のグレネードを射出し、毒ガスを発生させる。バイオラボでリサーチ後に設計図を購入できる。

長所
高基礎ダメージ
毒ガスを発生させる(範囲3m)
リコイルが弱い
自傷ダメージなし
状態異常率が高い(20%)
クリティカル率が良い(15%)

短所
マガジンが小さい(5発分)
発射率が低い (1発/秒)
リロードが遅い(3秒)
弾速が遅い(25m/秒)
ロボ系に対し、毒は効果が薄い(-25%)
毒ガスは距離に応じてダメージ減退
武器の中で3番目に低い所持弾薬
スナイパー弾薬を消費(レアドロップ)

補足
・Vortex(Vauban)を使うと複数の敵を簡単に処理できる。
・感染体の防衛ミッションで、クライオポッドに向けて毒ガスを発生させるのが効果的。
・仲間と協力してToridを使用すれば、毒ガスを複数発生させて大ダメージを与えられる。感染体のミッション地で効果的。
・射出物を敵にぶつければ毒ガスから逃げることができないので、結果最大のダメージを与えられる。
・残骸にも射出物を当てることができ、残骸が分解して消えても、毒ガスは空中に滞留する。
・対グリニア(フェライト装甲)には、+75%ダメージ加算の腐食腐食が効果的(Stormbringer, High Voltage)
・対感染体(ライト級)には、Helfire,Wildfire,Thermite Roundsを加えてガスガス属性推奨。ただし、エイシェント系やスウォームミュータリストモアには腐食が有効
・属性Modを入れる場合毒ダメージは最後に追加。例えば、2つの異なる属性Modを入れる場合、その複合属性+毒属性のダメージになる。3つの異なる属性Modを入れると、最後の序列に配置した属性が毒と結びつき複合属性になる。
・複数の状態異常を併存させるなら、毒毒と爆発爆発が効果的
・U14.5.2から、Firestormが利用できるようになり、ガスガスの範囲を広げるようになる。
・Toridは、特にナリファイアーやマニックなど強力な敵に対して力を発揮する優秀な武器。バリアに当てればバリアに付着し、バリアにダメージを入れながら、ヘルスの少ないナリファイアークルーマンにまで毒ガスが届く。また、足元に毒ガスを発生させれば、マニックが攻撃を仕掛ける時にダメージを与えられ、急襲攻撃時は、爆発爆発の異常を与えればマニックをノックダウンさせ大ダメージを回避できる。
・Toridの毒毒ガスでSarynのSporesを爆発させ、感染感染と毒毒の両方を広範囲にまき散らす。
・毒のドットダメージがヘッドショットになることもあるので、弱点を狙うとさらに効果が高くなる。
・バレルが長いので、ドア越しにショットが可能
・毒ガスでコンテナを破壊できる
Mirageの1番アビでToridの範囲ダメージを効果的に向上(複数の射出物による複数の毒ガス)。
・毒ガスには貫通威力があるので、障害物があっても、毒ガスの範囲内であればダメージを与えられる。
・水中に発射するとガスが爆発しない。

レベル100のコラプトブッチャー


0 件のコメント :

コメントを投稿

アラートミッション最新情報