Snipetron (プライマリ)


製作に必要なもの
クレジット
20,000
モーフィクス
5
プラスチド
900
サルベージ
1,200
合金板
900
時間:12h
即時:35pl
マーケット:- BP価格:-

Snipetron

Snipetronは、貫通威力に優れたコーパス製スナイパーライフルで、装甲を持つ敵に威力を発揮する。

長所
貫通ダメージがよく対グリニア用として威力を発揮
高精度(13.3)
クリティカル率が良い(20%)
2.5mの貫通威力がある
ズームレベルは2.5倍と6倍がある

短所
低衝撃・低切断ダメージ
マガジンサイズが小さい
リロードが遅い(3.5秒)
スナイパー弾薬の使用(レアドロップ)


Snipetron Vandal と比較して
基礎ダメージが175で低い (vs. 200.0)
 ―物理構成(vs. 衝撃10.0,貫通180.0,切断10.0)
クリティカル率が20%で低い (vs. 28%)
状態異常率が12%で低い (vs. 16%)
マガジンサイズが4発分 (vs. 6発分)
リロードが3.5秒 (vs. 2秒)
必要マスタリランク (vs. 5)

ショットコンボ
ショットコンボは3ショットから始まり、連続3ショット成功で1.5倍ダメージに、9ショット成功で2倍ダメージ、27ショット成功で2.5倍ダメージ、81ショット成功で3倍ダメージになる。(Snipetron Vandalも同様)
・各ショットの間は2秒間隔しかない。タイムが過ぎると同時に1コンボカウントが減らされる。
・マルチModを入れて、別の弾も当たればショットコンボにカウントされる。外せば、ミスとしてカウントされる。ミスした場合は1コンボカウントが減らされる。

補足
WildfireMagazine Warpをいれても、マガジンサイズが2発分しか増えない。
・リロードが長いので、戦闘前に常に弾を装填するよう心掛けたい
・接近戦に向かないので、セカンダリにはそれなりの装備を推奨
・弾薬消費はそれほどでもないが、プライマリに依存するような戦い方の場合、スナイパー変換Mod推奨
・スナイパー全般に言えることとして、俊敏性を高めるアビリティを持つフレームを利用することでスナイパーを良く活用できる。
・「エイドロンの草原」のアプデより、ステータス上方修正(発射率1.5から2)
・セカンダリは近距離に特化したBronco系、Akbronco系、Brakk,Euphona Prime, Twin Rogga,Detron推奨
・ズームレベルによりヘッドショットのダメージボーナスが入る
(2.5倍ズームで+30%のダメージ、6倍ズームで+50%のダメージが入る)
・スキンあり
Shock Camo

Snipetronの入手
PS4リリース前のアップデート8の時にマーケット販売が終了。エネルギーの発射体を射出する技術ではなく、Snipetronが通常の弾を使用することからコーパスに関する伝承と矛盾が生じたためという説明がなされた。このため、U8の時にInfromantのイベントが行われ、Snipetron Vandalと従来型のSnipetronの設計図
が報酬として加えられた。
ハンターアラートの「アンダーマイン計画(Project Undermine)」の時に、Snipetronの設計図が報酬に。
イベントの「Plague Star (病疫の星作戦)」期間中、地球シータスのNakakが3000地位地位で販売。


0 件のコメント :

コメントを投稿

アラートミッション最新情報