Seer (ピストル/セカンダリ)


製作に必要なもの
クレジット 15,000 バレル×1
レシーバー×1
オロキンセル
2


時間:12h
即時:50pl
 マーケット:  ー BP価格: ー

Seer

オロキン技術を利用したグリニアデザインの重量級ピストル。
Captain Vor(水星)が、Seerの設計図とパーツをドロップする。

長所
高基礎ダメージ(バランス型)
ズーム力がある(3.5倍)
ノンヒットスキャン武器の中で弾速が最速 (Lanka同様)

短所
ズーム力により、短距離には向かない
エイム中だとリコイルを実感させる
リロード速度が遅い
マガジンサイズが小さい


補足
・唯一のクリティカル率0%の武器。[Pistol Gambit][Target Cracker]などのModは何の効果も持たない。
・爆発はエフェクト効果のみで爆風などは存在しない。ただし、敵を倒すと、それなりに吹き飛ぶ。
・Captain Vorが、Seerを使用している。
・オロキンとグリニアの技術を融合させた結晶武器。
・PvEでは爆発はエフェクトのみ、PvPでは40爆発ダメージ。
・マルチModを入れたときは、ズームで拡散を抑制したい。
・Seerはリコイル(反動)が強いので、Steady Handsを入れることでよりコントロールが可能。
・水星のCaptain Vorは、Cronusの設計図もドロップする。

0 件のコメント :

コメントを投稿

アラートミッション最新情報