Javlok (プライマリ)


製作に必要なもの
クレジット
30,000
デトナイトインジェクター
5
合金板
10,000
ニタン抽出物
5
Javlok
コンデンサー
時間:24h
即時:35pl
マーケット: 150pl BP価格: 15,000cr

ケミカルラボリサーチ
クレジット
5,000
デトナイトアンプル
1,000
フェライト
4,000
ポリマーバンドル
500
プラスチド
2,000
時間:72h
条件:
Ignis
シャドークラン3倍 ストームクラン10倍 マウンテンクラン30倍 ムーンクラン100倍

Javlok

スタッフ(棒)のようなJavlokから炎のボールを繰り出し、火炎火炎ダメージを与える。また、セカンダリ射撃で、Javlokを投げつけ、
残りのマガジンを使用して範囲ダメージを与える。

DOJOのケミカルラボでリサーチ後に、設計図を購入できる。ファウンドリで製作する際、Javlokのコンデンサーが6つ必要になる。このアイテムは、ケレスにいるガードマンに似た、付近に出現するプロセキューター(グリニア)を倒すとドロップする。

長所
火炎火炎ダメージが大きい
―(爆発爆発/ガスガス/放射線放射線の複合属性の生成が可能)
セカンダリ射撃で直接敵に当ててもダメージが大きい
通常射撃で爆発し、範囲ダメージを与える(半径1.6m)
高クリティカル率
状態異常率が高い
チャージが短い(Rakta Cernosに次ぐ)
通常射撃でピンポイント精度を誇る
2つの極性付き

短所
通常射撃でも溜め(チャージ)が入る
プレーヤーが近いと爆発の煽りを受ける
リロードが遅い
スピアガンを投げるとマガジンが尽き、拾い上げるときにリロードが必要
プライマリを投げると、しばらく使えなくなる

スピアガン投げ
・Javlok投げで敵に当てると、敵はよろめく。
・通常射撃の範囲ダメージは半径1.6m、セカンダリ射撃で半径6.9m(7m)内に範囲ダメージが入る。セカンダリ射撃の範囲ダメージのほうは、Firestormの効果がある。
・スピアがんに当たった敵は150物理ダメージを受け、火炎火炎の範囲ダメージを半径7m周囲に及ぼす
 ・この火炎ダメージで短時間敵をののけぞらせ、よろめかせる効果を持つ。
・マガジン内に残る弾の数に応じてボーナスダメージが付く。1つの弾につき20%追加ダメージを得られる。マガジン容量を増やせば、ダメージが高くなっていく。
・投げた場所にJavlokは~20秒間とどまり、その後自動で所持者の手元にテレポートする。または、その前に拾い上げることも可能。
・Javlokが爆発を起こす時にのみマガジンを全部使用するので、爆発前に拾えば弾を消費せず爆発もしない。
・爆発させた場合は、手元に戻ってきたJavlokをリロードする必要がある。
・Javlokを投げれる範囲は50m。(投げる時に前方に3m動くので実質は47mほど)
 ・投げる角度とどのくらいチャージしたかによって、Javlokのえがく弧に影響する。
 ・弾速により、投げる範囲に影響。(Terminal VelocityやZephyrのJet Streamで距離が延びる。)
・スピン投げ前のチャージは、ウォールラッチやジップライン上でも可能だが、投げる時は降りる必要がある。
・マルチショットModは、セカンダリ射撃に特に効果なし。

補足
・通常射撃にも、小さな範囲ではあるが範囲ダメージを与える。しかし、Firestormを入れても確認できるほどの効果を得られない。Firestormを入れる場合、セカンダリ射撃のみに効果があることに注意。
・U21.3.1より、効果が得られないことからスピアガンにはAdhesive Blastが使えなくなった。
EmberのAccelerantアビリティで、影響下の敵に火炎ダメージを倍増させる。
IvaraのNavigatorで、セカンダリ射撃もコントロール可能。また、セカンダリ射撃の場合はサイレントなので、IvaraのProwlを解除しない。
・エイム系のMod(Argon Scope, Bladed Rounds)は、セカンダリ射撃には効果がない。
・設置されている機関銃「欄パート」を操作する敵に投げると、ヘッドショットを狙える。(貫通Mod不要)
・貫通Modはセカンダリ射撃には効果なし(地形のみを貫通するが、敵は貫通しない。)
・スキンあり(Harkonarスキンコレクションに含まれる。)

Harkonar

セカンダリ射撃でスピアガン投げ


0 件のコメント :

コメントを投稿

アラートミッション最新情報