Vulkar (プライマリ)


製作に必要なもの
クレジット
30,000
モーフィクス
5
回路基板
800
サルベージ
1200
プラスチド
800
時間:12h
即時:35pl
マーケット: 225pl BP価格: 20,000cr

Vulkar

グリニア製スナイパーVulkarは、バリスタが装備している。主に衝撃ダメージを与え、かつ、状態異常率も高く、遠距離からショット後に敵にダメージを与え致命的な異常を発生させることもある。

売ると、7500クレジットが手に入る。

長所
高基礎ダメージ
高い衝撃ダメージ
低リコイル
優秀なズーム機能
高状態異常率
クリティカル率がいい
高精度
Lasting Purityでさらにデッドエイム向上
衝撃によりヒットの度に。敵をよろめかす
貫通威力を持つ (1m)

短所
マガジンサイズが少ない
リロードが長い
低貫通・低切断ダメージ
スナイパーの中では低クリティカル率
所持弾薬が少ない
即撃ちは精度に欠ける


Vulkar Wraith と比較して
基礎ダメージがより低い( vs273 )
 ―物理構成(vs 衝撃245.7,貫通 27.3, 切断0)
低発射率 (vs. 2発/秒)
マガジン量が少ない (vs 8発)
極性なし (vs あり)
必要マスタリランク (vs. 7)

ショットコンボ
ショットコンボは2ショットから始まり、連続2ショット成功で1.5倍ダメージに、6ショット成功で2倍ダメージ、18ショット成功で2.5倍ダメージ、54ショット成功で3倍ダメージになる。(Vulkar Wraithも同様)
・各ショットの間は2秒間隔しかない。タイムが過ぎるたびに1コンボカウントが減らされる。
・マルチModを入れて、別の弾も当たればショットコンボにカウントされる。外せば、ミスとしてカウントされる。ミスした場合は1コンボカウントが減らされる。

補足
・貫通威力をもつ(1m)ので、1m以内のものを貫通し背後の敵にダメージを与えられる。
・ズームの倍率によりヘッドショットダメージが異なり、最大で70%アップする。
(2.5倍ズームで+35%、4倍ズームで+55%、8倍ズームで+70%ダメージボーナスが入る)
Snipetronと並び、スナイパーの中でズーム率の低い2.5倍がある。このおかげで、近距離でも効果的に射撃が可能。
・ヘッドショットや弱点を狙うのがよく、運任せで撃ってもあまり当たらない。
Wildfireを入れるとマガジン容量を1発増やせ、Magazine Warpなら2発増やせる。Tainted Magなら4発増やせ、これら全部のModを入れれば、7発増やせ、マガジンは合計13発になる。
・クリティカル率がいいので、Point StrikeVital Senseが効果的に働く。
・所持弾薬がすぐになくなる場合は、スナイパー弾薬変換Modや、オーラのSniper Scavengerを入れたい。
・衝撃主体なので、RuptureCrash Courseを入れると飛躍的に衝撃ダメージが上がる。
Heavy Caliberを入れても、Vulkarの十字線内に弾が飛んでいき、効果的に機能する。ただ、Split Chamberも入れると別の弾が拡散してくのがわかる。
・他のスナイパーも同様、400mを超えたところからダメージが減退し、600mを超えるとダメージが50%しか入らなくなる。(Warframeのタイルセットはいづれも300m以内のため、この数字は地球のエイドロンの草原など、U22以降に追加されるマップに適用されると考えてよい。)

Desert Tactics


0 件のコメント :

コメントを投稿

アラートミッション最新情報