Embolist (ピストル/セカンダリ)


製作に必要なもの
クレジット 30,000 ミュータジェンマス
5
サルベージ
15,000
回路基板
1,200
フォーマ
1
時間: 24h
即時: 35pl
マーケット:  ーBP価格: 50,000cr

バイオラボリサーチ
クレジット
5,000
ミュータジェンサンプル
30
回路基板
400
ナノ胞子
4,000
ポリマーバンドル
800
時間: 72h
条件:Acrid
シャドークラン3倍ストームクラン10倍マウンテンクラン30倍ムーンクラン100倍

Embolist セカンダリ武器

Ignisに似て、Embolistはターゲットに向けて連続的に酸毒を浴びせ続ける。

バイオラボ(DOJO)でリサーチ後に、設計図を購入する。
売れば7500クレジットに換金可能。

長所
毒毒ダメージ ー対フェライト装甲に25%ボーナスー
(シールドを通過し、対生体に50%ボーナスダメ[対コーパス])
(ヒットごとに100%異常発生率)
発射角度があるので、範囲内の複数の敵にダメージ
極性あり

短所
最大範囲が9mと射程が短い
弾薬が少ない
物理属性のModの効果なし―物理構成(衝撃貫通 切断)
DoTダメージは、基礎ダメージと毒ダメージに依拠。
(他の追加した属性ダメージは含まない)
毒はロボやマシーン系、化石系(感染体)に弱い
低クリティカル率(3%)


補足
・増強あり[Eroding Blight]
・ズーム率は1.1倍と大差なし。
・発射時に出現する毒の霧は描写表現でそれ以外の効果なし
・[Seeker]のModも貫通に属するので効果なし
センチネルShade装備時にEmbolistを長押ししていると透明になることがある。これをうまく利用するとその敵に大ダメージを与えつつ報復を受けずに倒せる
・一括処理したい場合はVortex(Vauban)やLarva (Nidus)を利用するとよい
・Embolistの拡散とダメージを上げる[Magnum Force]は相性がいい
・[Ruinous Extension]があれば、上限範囲が9mから17mまで射程が伸びる。


0 件のコメント :

コメントを投稿

アラートミッション最新情報