Mesa(メイサ) 銃の達人

狙撃の名手Mesa(メイサ)

アップデート15.5で登場したMesaは、。ウォーフレームの各パーツ(シャーシ―・システム・ヘルム)は、ミュータリストAlad Vがドロップ。

Mesa

基本能力値
ヘルス125(Lv30で375)
シールド75(Lv30で225)
アーマー65
エネルギー100(Lv30で150)
移動スピード1.1
コンクレーブ50
極性 (×2)
オーラ極性

ミュータリストAlad Vと対決するためには、クエスト「感染起源は誰(Patient Zero)」を実行し、Mutalist Alad V Assasinateキーの設計図をゲットする必要がある。

クエストを実行するために、まずはマーケットで設計図を購入しファウンドリで製作(ニューロード1つ+プラスチド200)後、コーデックスの「クエスト」のメニュー「感染起源は誰」を開始。

その後5つのミッションを遂行する必要がある。
Acanth (エリス)―Alad Vの情報をつかむ
Brugia (エリス)―Alad Vの船を妨害(駆除ミッション)
Cyath (エリス)―Alad Vの船を妨害(駆除ミッション)
Cosis(エリス)―Alad Vの船を妨害(駆除ミッション)
Candiru(エリス)―Alad Vの研究所破壊(妨害)
最後のミッションでは、リアクタコア破壊後感染Mesaが出現するので、倒してからミッションを完了させるとキー設計図をゲットできる。

Mutalist Alad V Assasinateキーの設計図は、「Mutalist Alad V ナビ座標」が素材として必要なので、この素材を感染体アラートの報酬で3つゲットする必要がある。感染体侵攻のアラートでは、その他にミュータジェンマス・フィールドロンがあるが、ナビ座標が出るのはまれなので、逃さないようにしたい。
(U17.4.1より遺跡船のエンドレスミッションODS のBローテーションの報酬としてMutalist Alad V ナビ座標が出るようになった。また、U17.7.1より、エリスの駆除ミッションの貯蔵庫の報酬リストにも含まれる。)

キー設計図を製作したら、惑星エリスの画面でAlad Vのミッション地が出現する。1度のミッションでMesaのパーツ一つがゲットできるので、少なくとも3度Mutalist Alad Vを倒す必要がある。持ち寄りなどで対応したい。

Mesa Prime
ホットフィックス24.2.2の時にリリース(PC)。ヘルスが最大で405まで増え、装甲値も85に改善。エネルギーも188まで向上。

パッシブ(受動)能力
メイサは銃の達人であることから、通常のウォーフレームと比較して、武器に対して持つ元来の能力値が高い。

メイサは、次の武器に対して、通常のフレームと比較して、能力値にボーナスが加算される。
・デュアルピストル系の武器で、発射速度が+10%アップ
・セカンダリ武器で、リロードスピードが+20%アップ
・近接武器を装備しなければヘルス値が+50アップ(コンクレーブPvPでは+30)

ヘルム(Arcane ヘルムなし)
Longhorn ヘルム
Ovis ヘルム

アビリティMOD
Ballistic Battery
銃のパワーを溜め込み強靭な一撃をくらわす
Shooting Gallery敵の銃を一時的に無効化し仲間のダメージ上昇
Shatter Shield
敵の攻撃をランダムに別の敵に反射
Peacemaker集中力を極限まで高め敵の脳天に穴をあける

① Ballistic Battery 増強MOD ⇒「Ballistic Bullseye
アビリティで力をためて、強力な一撃をお見舞いする。

ダメージ率:40%/50%/60%/70%(ランクマックスで70%)
一度の攻撃:20/50/90/140マックスダメージ
蓄積最大値:400/800/1200/1600蓄積ダメージ(トータル)
使用エネルギー:25エネルギー

・Ballistic Battery発動後にプライマリとセカンダリで与えた蓄積ダメージを、再度アビリティ発動(トグル)して解除した後の、次の銃撃で蓄積ダメージを敵に加える。
・ランクマックス時、一度に蓄積可能な最大ダメージが140(70%)。高威力の武器なら12度発砲すれば、1600まで到達できる。
・アビリティ威力を上げれば、武器のダメージ率と蓄積最大値が向上し、大きなダメージを与えられる。
・HUD(画面)上では、蓄積度は0から100%のカウンターで表示される。(U15時点)
・クリティカルショット、マルチショット、状態異常(電気や毒)、シンジケートの効果範囲ダメージなども、ダメージ蓄積の際に貢献する。(Toridの毒ガスも含む。)
・アビリティを停止し、次の狙撃でダメージを与える時の蓄積ダメージは、武器の基礎ダメージに加算され、Serrationなどの基礎ダメージMODの効果は及ばない。
例)LankaにSerrationを挿していれば、Lankaの基礎ダメージのみにMODの効果が及ぶ。つまり、
300(1+1.65)+1600=2395ダメージ [下線が蓄積ダメージ] )
・属性MOD、派閥MOD、クリティカル、ヘッドショット、状態異常の効果ダメージなどは基礎ダメージの増加に寄与する。
・ショットガンやマルチショットと言った複数の弾を発射する武器の場合でも、蓄積ダメージ一つの弾にのみ適用されるのみで、複数の弾を放つ武器で有利になることはない。
・4番アビリティのPeacemakerの銃撃によるダメージもBallistic Batteryの計算値に加えられる。また、Peacemaker使用中は、Ballistic Batteryを停止する。
・蓄積ダメージを100%確実に当てたい場合は、Peacemakerでの攻撃推奨。
・蓄積ダメージは近接攻撃には適用されない。


② Shooting Gallery 増強MODMuzzle Flash
エネルギーループを生成し攻撃力をアップさせ、かつ、範囲内にいる敵の武器を無力化する。

効果時間:15/20/25/30秒 (マックスランクで30秒)
ループ効果範囲:10/12/14/16メートル
攻撃威力:10/15/20/25%ダメージボーナス

・効果時間・範囲・攻撃威力は、いづれも関連MODで向上可能。
・威力を上げる場合、30%のIntensifyを入れると0.25×1.3=32.5%までアップする。ダメージボーナスは加算されるので、250の基礎ダメージを持つ武器であれば、250×(1+0.325)と計算する。
・アビリティ使用中に再発動不可。
・範囲内にいる武器を無力化された敵は、6‐7秒間武器をアンロックしようと思案に暮れる。範囲武器に限らず、近接武器も無力化される(例、プロッドクルーマンのProvas)。
・接近戦をしかける敵の場合、エネルギーループによるショック効果を受ける。また、範囲内であれば、効果時間が過ぎた敵に対して再度無力化効果を及ぼす。
・感染体が敵であればスタン効果を与え、ボラタイルランナーの蒸発を防ぐことができる。
・別のプレーヤーがいる場合、距離に影響されず、一定間隔でエネルギーの縄が他のプレーヤーへ移り、同じ効果を得ることができる。効果時間はプレーヤー数に応じて均等に区分される。
(U18.13以降は、メイサのみ効果時間中バフが継続し、プレーヤー間で効果時間を均等に区分される)
・Peacemakerもこのアビリティの恩恵を受ける。(ダメージボーナス)
・効果時間の間、エンシェントの引っ張り攻撃を自動ブロック


③Shatter Shield ⇒増強MOD「Staggering Shield
銃弾などの発射物を反射しダメージを軽減するバリアを周囲に生成

軽減率:50/60/70/80%(マックスランクで80%)
効果時間:10/15/20/25秒
範囲:11メートル

・アビリティ威力を上げると軽減率を改善できるが、最大95%までの上限がある(アビリティ威力119%)。
・ダメージは、攻撃してきた敵(半径11m)に反射。ただし、障害物があると敵に反射ダメージを与えられない。
・反射した弾丸は、常に攻撃してきた敵に反射するわけではない。位置によっては、別の敵に反射される。
・効果時間延長可能(効果時間のMOD)
・状態異常も反射可能
・スコーピオンやエンシェントの投げ縄を回避できるが、ショックウェーブモアやヘビーガナーなどの範囲アビリティ攻撃は避けられない。
・ボンバードのロケットを反射すれば、敵がノックダウンする。

④Pecemaker
装備している武器をしまい命中率100%の専用ピストルに切り替えて、最大50メートル範囲内の視認できる敵に自動的に照準を合わせ狙い撃つアビリティ。

エネルギー消費量:25+15/s
アビリティ威力
 基礎ダメージ:125 (U18.13以降)
 初期ダメージ威力:1/1.15/1.33/1.5 倍
 最大威力:?/?/?/3.75倍(ランクマックス200%)
範囲:最大50メートル(視野角最低15度)

U17.7.1より前は、360度範囲の敵に自動照準で攻撃可能だったが、U17.7.1より、画面上の範囲の敵にのみ当たるように変更されている。また、敵を倒すたびに視界が狭まっていき、最終的に小さな円形の視野(15度)内にいる敵のみに弾丸を撃ち込むように変更された。そのため、過去のメイサに慣れていたプレーヤーは、カメラ(画面)の操作が必要になってくる。ただ、視界が狭まるにつれ、攻撃威力はアップしていく。
・アビリティ発動後は、発射ボタン(R2)を押し続けることで銃撃可能
・視野角はアビリティ範囲のMODの影響を受けるが、距離はその影響を受けない。
・アビリティを止めて再度発動すれば、視野角は初期状態にリセットされる。
・修正ダメージ(倍数)はアビリティを中断するとリセットされる。
・視界内かつ範囲内(50m)の敵であれば、銃撃可能

アビリティの補助ピストル
・1発あたりの基礎ダメージは300(U18.13から125)で、ランクマックスで1.5倍の600(187.5)ダメージになる。最大倍数は375%(ランクマックス)の1125(468.75)ダメージになるまで威力がアップ。
・ダメージは2発ごとに増加していき、40発以上で最大値に到達する。
・補助ピストルによるダメージは衝撃50%・貫通25%・切断25%で構成される。
・全ての銃撃に25%のクリティカル率に300%のクリティカルダメージ、10%の状態異常率が存在する。
・アビリティ威力のMODは基礎ダメージとダメージ倍数の両方を向上させる。
・(調整初期倍数=アビリティ威力+初期倍数+修正倍数最大値)
・ダメージ倍数=2.5×アビリティ威力+最大倍数
ランクマックスのIntensifyを挿せば、初期倍数は0.3+1.5で180% へと押し上げられる。
これを最大倍数と掛け合わせ「2.5×0.3+3.75=450%(Peacemakerのランクは3)」となる
・アビリティ威力のほかに、ピストルアン(オーラ)、セカンダリ武器のMod(Hornet Strike)も初期ダメージと最大ダメージに影響するようになる。(U18.13以降)
・セカンダリの発射率、マルチ、属性、クリティカル率とクリティカルダメージのModが、Peacemakerのパフォーマンスに影響を与える。
・セカンダリ武器を救出やソーティーのターゲットに貸しているときも、補助ピストルのパフォーマンスには影響しない。
Riven Modは補助ピストルのパフォーマンスに影響しない。
・敵にヒットするたびに発射速度が速くなる。発射ボタンを離すか、一定時間発射していないと発射速度はリセットされる。


・1秒ごとに15エネルギーを消費して、エネルギーが残存する限りアビリティは継続する。
または、再度アビリティ操作をするとアビリティを止められる。
・U17.7.1よりトグル式となり、エネルギードレインのコストはアビリティ効果時間のMODの影響を受けるようになる
・アビリティ使用中は移動できなくなる。
・「Natural Talent」で銃を取り出すスピードが速まる。
・「Speed Holster」で発射速度が速くなるが、最低3つないと効果があまり期待できない。
・アビリティ効果中、オーラのエナジーサイフォンは無効化される。
・毎秒15エネルギーを消費する。エネルギー効率を高めるMOD構成推奨。
・トグル式のため、再発動するとアビリティを止めることができる。
・アビリティ使用中はTrinityの「Energy Vampire」やエネルギー回復パックで回復しないが、リンボのRift Planeによるエネルギー回復、エネルギーオーブ、「Rage」のエネルギー変換からのエネルギー回復可能。
ストーカーとナリファイアはターゲットとしない。
・ライノの「Roar」、ミラージュの「Total Eclipse」の恩恵を受ける。
・Shooting Gallery がPeacemakerのダメージをアップさせる。
・Peacemakerのショットは、敵の警戒させない(サイレント)。
・Peacemaker使用中に、1番アビリティのBallistic Batteryの解除はできるが、発動はできない。
・Peacemakerは確保のターゲットやナリファイアのシールド領域内にいる敵をターゲットにしないが、Mesa自体がターゲットではなく、分隊の一人であるならストーカーをターゲットにできる。無敵の敵はターゲットにならない。



AshAtlasBansheeChromaEmberEquinoxExcalibur
Frost Gara Harrow Hydroid Inaros Ivara Khora
LimboLoki Mag Mesa Mirage Nekros Nezha
Revenant
NidusNova Nyx Oberon Octavia Revenant Rhino
SarynTitania Trinity Valkyr Vauban VoltWukongZephyr


0 件のコメント :

コメントを投稿

アラートミッション最新情報